【ワシントン2日=福元大輔】訪米中の翁長雄志知事は2日午前(日本時間3日未明)、ワシントンの上院議員会館で、同院のジョン・マケイン軍事委員会委員長、ジャック・リード副院長と面会した。

ジョン・マケイン氏らとの会談後、上院議員会館を出る翁長雄志知事(左から2人目)=2日、米ワシントン

 翁長知事は、日米安保体制の重要性は理解しているものの、沖縄の過重な基地負担や歴史的背景からすると、名護市辺野古の新基地建設は受け入れられないとの考えを説明したという。

 両氏の意向で、会談の内容は非公開だが、日米両政府の進める辺野古移設を容認する立場を示したとみられる。知事は「県民の気持ちを届けることができた。話し合いを継続するということなので、大変意義があった」と話した。