陸上自衛隊第15旅団は26日、後輩の男性隊員の左頬を平手打ちし、頭部打撲などのけがを負わせたとして、第15高射特科連隊の男性陸士長(20)を停職3日の懲戒処分にした。 15旅団によると、陸士長は昨年11月6日午前1時ごろ、後輩隊員の清掃指導を受ける態度に怒り、暴行したという。