9秒でまるわかり!

  • 那覇空港で離陸する全日空機の前を空自ヘリが横切った
  • 同じ滑走路に後方からJTA機が着陸し、あわや衝突事故に
  • 運輸安全委は重大インシデントとして調査官を派遣した

 3日午後1時25分ごろ、那覇空港を離陸しようと滑走していた新千歳空港行きの全日空1694便(乗員乗客83人)の前を、航空自衛隊那覇基地所属のCH47輸送ヘリが横切って飛行し、全日空機が急停止して離陸を中止するトラブルがあった。直後には、最終の着陸体勢に入っていた新石垣空港発の日本トランスオーシャン航空(JTA)610便(同44人)が着陸する二重のトラブル。管制官のやり直し指示に反した可能性もあり、滑走路にとどまる全日空機に衝突する危険性があった。けが人はいないという。防衛省によると、全日空機への離陸許可を空自ヘリが誤認した。

那覇空港のトラブル経過(イメージ)

 運輸安全委員会が事故につながる恐れのある重大インシデントとして派遣した調査官3人は同日深夜、那覇空港に到着。防衛省も航空自衛隊の調査チームを那覇基地へ向かわせた。

 JTAは、運輸安全委の調査を待たなければならないとした上で、乗務員は「全日空機が滑走路上にいることは認識していた。管制官から着陸許可を得ており、全日空機が離陸滑走を始めたことを確認したことから、支障はないと判断して着陸した。管制官からの着陸のやり直しの指示は、着陸後に受信した」と話しているとした。

 防衛省などによると、空自ヘリには乗員ら7人が搭乗し、2人の隊員と物資を久米島へ輸送する任務に当たっていた。管制官が滑走路に待機中だった全日空機へ離陸許可を出したところ、空自ヘリの操縦士が自機に対する許可と勘違いし、離陸した。那覇空港は民間機と自衛隊機の共用で、滑走路の長さは3千メートル。

 トラブルを受け、全日空は1694便を欠航し、乗客らは羽田を経由する別の便で新千歳に向かった。JTAは那覇発石垣行き613便と石垣発那覇行き618便を欠航した。