2017年(平成29年) 11月22日

沖縄タイムス+プラス ニュース

具志川商は未来沖縄を振り切り、興南は延長十回に宜野湾にサヨナラ勝ち 8強決まる【高校野球】

 高校野球の第67回県秋季大会(主催・県高校野球連盟、共催・琉球放送、沖縄タイムス社)第9日は30日、コザしんきんスタジアムほかで3回戦8試合を行い、中部商業、具志川商業、興南、沖縄水産、石川、沖縄尚学、糸満、沖縄工業が準々決勝に進み、8強が出そろった。

未来沖ー具商 1回裏具商2死一、二塁、知名憂斗が先制の左越え2点三塁打を放つ=嘉手納球場(渡辺奈々撮影)

 中部商は八回、9番日置塁星の右前適時打で勝ち越し。投げては七回から登板した中濱太洋が3回を1安打に抑え、知念を3―2で破った。具商は初回に知名憂斗の2点適時打で先制。粘る未来沖縄を3―2で振り切り、13年ぶり3度目の8強進出を決めた。興南は延長十回、4番當山尚志の決勝打で宜野湾に3―2でサヨナラ勝ちした。

 沖水は九回に4番當山恭右のスクイズで勝ち越し、美来工科に5―4で競り勝った。第1シード石川は中盤まで1点ずつ加え、北山を3―1で下した。糸満は要所で加点し、美里工業を6―3で破った。沖尚は先発の知念大成が読谷を被安打1の5―0で完封。四回には三重殺も飛び出た。沖縄工は那覇を9―0で制した。

 第10日は1日、同球場ほかで準々決勝を行い、4強が決まる。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間

注目トピックス