【名護】名護市辺野古の新基地建設問題で4日正午ごろ、米軍キャンプ・シュワブ沖に3台目のスパット台船が設置された。この台船は同日朝からシュワブの作業用ビーチで組み立てが始まったものとみられ、正午前に作業船により沖合に移動・設置された。また既設の2基の台船のうち1基は、掘削用の杭(くい)が海中に降ろされていた。海上では市民らがカヌーで抗議し、13艇が海保に拘束された。

沖合に移動・設置された3台目のスパット台船(奥)。手前は既設の台船=4日正午ごろ、名護市辺野古沖

 ゲート前では新基地建設に抗議して座り込んだ市民を警官が強制排除し、一時騒然となった。