翁長雄志知事が、名護市辺野古の新基地建設反対を訴えるため訪れた米ワシントンですべての日程を終えたことを受け、県議会では与党5会派、中立2会派の代表者らから「県民の代表として新基地反対を直接米側にアピールした意義は大きい」と評価が相次いだ。