9秒でまるわかり!

  • 那覇・平和通り商店街のアーケードが築36年で老朽化に悩んでいる
  • 92本の柱の半数に穴や腐食があり天井では破れたテントも目立つ
  • 撤去でも建て替えでも費用が課題で来年3月までに方向性を決める

 築36年を迎え、老朽化が進む那覇市の平和通り商店街のアーケードの今後を考える「アーケード検討委員会」の中間報告会と第1回意見交換会が9月28日、なは商人塾であった。同商店街振興組合は安全確保のため、つり下げ看板を年内に撤去することを報告。来年3月までにアーケードを建て替えるか、撤去するのかなど方向性を決める。

テントの破れなど老朽化が目立つ平和通り商店街のアーケード=那覇市牧志

腐食し、根元の表面が剥がれているアーケードの柱=那覇市牧志・平和通り商店街

平和通り商店街のアーケードの今後について意見を交わす参加者たち=9月28日、那覇市牧志のなは商人塾

テントの破れなど老朽化が目立つ平和通り商店街のアーケード=那覇市牧志 腐食し、根元の表面が剥がれているアーケードの柱=那覇市牧志・平和通り商店街 平和通り商店街のアーケードの今後について意見を交わす参加者たち=9月28日、那覇市牧志のなは商人塾

 ■完全撤去なら8千万円

 アーケードは建設時に各店舗が店舗幅分の費用(1メートル当たり約31万円)を出し合い、約1億3千万円を掛けて1981年に完成。鉄製の柱やはりで組まれ、テントが張られた天井のアーケードは高さ7メートル、幅7メートルで、全長は416メートル。

 消防設備は老朽化で機能しない不備状態という。92本の柱のうち、穴が空いている柱が7本、腐食やさびが出ている柱が39本。はりも溶接部分などでさびが出ており、天井では破れたテントも目立つ。

 同商店街では現在、176店舗が営業。組合加盟の142会員から毎月500円を集め、維持管理費に充てているが、年間約83万円の保険料の捻出も厳しい現状という。

 委員会の概算では完全撤去の工事費は約8千万円。また、最近のアーケードの建築費は100メートルで1億5千万円~2億円といわれているといい、費用面が大きな課題となる。

 ■修繕・建て替え望む声も

 一方、那覇市から商店街アーケードビジョンづくり支援事業を受託する業者が進める店舗対象アンケートの途中経過では老朽化を認識しつつ、撤去よりも修繕・建て替えを望む声も多い。

 検討委員会委員長を務める振興組合の饒平名康臣副理事長は「商店街の10年後、20年後を見据えた取り組みが必要。店舗や家主、関係者と一緒になって議論を深めていきたい」と話した。

 意見交換会では参加者から「アーケードを残したいけど、お金が問題」との声や、「商店街で資金造成商品を作り、各店舗で販売してはどうか」などの提案があった。

 関係者が誰でも参加できる検討会を開催し、方向性を話し合う。次回は10月26日午後7時から、なは商人塾で。