沖縄配備から満5年を迎えた1日も、オスプレイは故障で飛べずに新石垣空港に居座っていた。何かと象徴的な航空機である

▼「沖縄では毎日オスプレイが飛ぶたびにJアラートで警報すべきだ」というブラックジョークを数人から聞いた。確かに宇宙空間を通過する北朝鮮のミサイルより、数百メートルの頭上を飛ぶ事故多発機の方が現実的な脅威だ

▼今、不安と同盟の実態が怪鳥の翼に乗り、全国に拡散している。大分合同新聞のデスクは「日本がいかに弱腰かを痛感した」と言う。大分への緊急着陸から10日間、政府は米軍から動向を聞き出せなかった

▼だから記者が監視するしかない。沖縄でもずっとそうだ。安保法制の成立で米軍と自衛隊の一体化が深まり、舞台は全国に広がる。各地に飛来するオスプレイが、沖縄に封じ込められてきた軍事負担を可視化する

▼その存在はさらに、内実を見ない安保論議を照らす。単なる輸送機なのに尖閣が危ないから必要だ、といった観念的な議論がまかり通っている

▼詩人のアーサー・ビナードさんが「メリークリスマス、オスプレイさま」という詩を見せてくれた。「キリストがわたしたちの罪を/背負ってくれたように、あなたは/わたしたちのテイタラクを/一身に集めています。/真下から見上げると/あなたの姿は不恰好(ぶかっこう)な十字架!」(阿部岳)

ルポ 沖縄 国家の暴力 現場記者が見た「高江165日」の真実
阿部 岳
朝日新聞出版 (2017-08-21)
売り上げランキング: 5,370