訪米中の翁長雄志知事は3日、全日程を終えた。就任後初の米政府との会談で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設反対を訴えた翁長氏に対し、米側は「辺野古が唯一の解決策」と従来の主張を重ねて強調。会談終了から約30分後に発表した声明でも、日米合意を変える意思のないことをあらためて強調した。