【名護】5日午前10時前、名護市辺野古沖では、新基地建設に反対するため、抗議船から制限区域内に飛び込んだ男性1人を海上保安官2人が海に飛び込んで身柄を確保。約15分間ゴムボート上で拘束した。また、カヌーに乗って抗議していた男性1人も、約10分間ゴムボート上で拘束された。

ボーリング調査をするスパット台船と抗議する市民の船(手前)=5日午前9時26分、名護市辺野古沖

 3基のスパット台船上には作業員がそれぞれ3~4人おり、作業が進められている。うち1基は掘削棒が海に降りているのが確認された。

 一方、午前7時5分ごろには、米軍キャンプ・シュワブゲート前で、新基地建設に反対する市民らが、基地内に入る車両を止めようしたが、県警が排除した。