【東京】中谷元・防衛相は5日の閣議後会見で、航空自衛隊那覇基地のCH47輸送ヘリ1機と民間機2機が関係した那覇空港の離着陸トラブルについて、空自ヘリの誤認が原因との認識を示した。中谷氏が原因に言及するのは初めて。

 中谷氏は、トラブルについて、「CH47が滑走路上で離陸待機中の全日空機に対する管制官からの離陸許可を自機に対する離陸許可と誤認識して離陸してしまった」と説明。「大変遺憾で、再発防止と安全対策に全力で取り組む」と述べ、運輸安全委員会の調査に協力する姿勢を示した。

 また、トラブルが発生した3日に航空機を保有する全部隊に管制指示の厳守と基本手順の徹底を図るよう指示したことも明らかにした。