【東京】日本M&Aセンター(東京、三宅卓社長)と提携している地方銀行が参加する「全国金融M&A研究会」は5日、都内で第3回バンクオブザイヤーの表彰式を開いた。M&Aの専門知識を持つ行員の育成や内部体制を強化した銀行に贈られる「アクティベーション賞」に、沖縄銀行が選ばれ表彰を受けた。

日本M&Aセンターの三宅社長(左)から表彰を受ける沖銀の伊計常務(左から2人目)と同行行員ら=5日、東京・シャングリ・ラホテル東京

 同行が進めるM&Aについての啓発活動や、専門資格「M&Aシニアエキスパート」の有資格者の育成が評価された。有資格者は30人と、全国の金融機関で最も多いという。

 三宅社長からトロフィーを受けた同行の伊計衛常務は「後継者不足や業界再編の動きもあり、M&A需要は増える。有資格者の数を増やし、コンサル技術も高めて、地域経済の活性化に貢献したい」と話した。同行には年150件の相談があり、約10件程度のM&Aの成約実績があるという。