琉球大学(大城肇学長)が2021年度までに、教育学部の生涯教育課程(定員90人)を廃止することが5日分かった。ただ大幅な定員減となるため、大学経営への影響も大きく、代わりに学校教育教員養成課程(定員100人)の定員増を国に求めている。

琉球大学=2012年2月

 教育学部は、教員免許状取得を卒業要件とする学校教育教員養成課程(定員100人)と、免許取得を前提としない生涯教育課程に分かれる。

 文部科学省は、教員養成の強化を求める一方、団塊の世代の大量退職に伴って一部の地域で教員不足がみられることから、生涯教育課程は廃止も含めて見直すよう全国の国立大学に促していた。

 琉大の生涯教育課程は、沖縄島嶼(とうしょ)教育、自然環境科学教育、心理臨床科学など5コースがある。一部のカリキュラムは、教育学部以外の学部・学科に改組することも検討している。

 琉大側は、定員減の影響を最小限に抑えるため、教育学部以外の学部・学科の増員要請も視野に入れており、全学的な組織改編につながる可能性がある。(鈴木実、伊禮由紀子)