那覇署は6日、男性(21)の顔を殴り全治約2カ月のけがをさせた上、現金4千円を奪ったとして、在沖米海兵隊キャンプ・ハンセン所属の3等軍曹(26)を強盗致傷の疑いで逮捕した。「私は何もしていない」と容疑を否認しているという。

 同署によると、三等軍曹は5月24日午前5時25分ごろ、那覇市久茂地の国際通りにある商業ビル軒下で、横になり休んでいた男性を殴り、左ほお骨折のけがを負わせ、男性の財布から現金約4千円を奪った疑い。