沖縄戦のさなか、ハンセン病への偏見にさらされながら支え合って生きる家族を描いた沖縄芝居「椎(しい)の川」(主催・演劇集団「創造」、共催・浦添市教育委員会、沖縄タイムス社)が30日、浦添市てだこホールで上演された。 同劇団の第39回公演で、沖縄タイムス創刊70周年プレ企画。