【名護】名護市屋我地島の民家で、アヒルの親子が飼い主と散歩したり手から餌を食べたり、すっかり懐いている。屋我区の山里きよ子さん(80)が3年前、2羽の雌のアヒルを知人から譲り受けたところ、すぐに産卵した。子と孫の世代になる親子だ。 孫のひなは5月3日にふ化した。好物はハエやアリ、そしてカタツムリ。