【宮古島】日本ビーチバレーボール連盟公認の「第16回ビーチバレー宮古島大会2015」(主催・同実行委員会)が6、7の両日、宮古島市の与那覇前浜ビーチであり、2人制男子は「WINDS」(西村晃一・上場雄也組)、同女子は「長谷川・永田」(長谷川暁子・永田唯組)がそれぞれ優勝を果たした。

相手のブロックをかわしスパイクを放つ西村晃一(右)。左は上場雄也=宮古島市・与那覇前浜ビーチ(新垣亮撮影)

 職場の同僚や仲間でつくる男女混成の4人制は、「やーまん」が制した。

 大会には2人制の男子に11チーム、女子に9チーム、男女混成4人制に77チームが出場。

 2016年リオデジャネイロ五輪を目指す有力選手を含む計348人が出場し、熱戦を展開した。