沖縄地方は8日、9地点でことし最高気温となった。沖縄気象台によると、石垣市伊原間で32・6度、那覇市で31・3度を記録。梅雨の中休みを思わせる陽気に、水辺ではしゃぐ子どもたちの姿もみられた。

青空の下、元気に水遊びをする子どもたち=8日午後、うるま市・倉敷ダム

 5月20日の梅雨入り後、24日に記録的大雨が降ったが、最近10日間の降水量は各地で軒並み平年を下回っている。那覇市は22・0ミリで平年の21%。6月15日までの週間天気予報は、晴れや曇りが続き、降水量は平年より少ない見込み。

 気象台は「梅雨明けの見通しは分からない。梅雨前線は九州の南付近にあるが、ある程度南下すると予想している」とした。

 うるま市石川楚南の倉敷ダムでは、親子連れが水辺で遊んでいた。宜野湾市から来た宇栄原大翔(たいと)君(11)と妹のひまわりちゃん(5)は「水は冷たくて、とっても気持ちいい」と笑顔で声をそろえた。