翁長雄志知事は2日の沖縄県議会一般質問で、米軍基地と経済に関する座波一県議(沖縄・自民)の質問への答弁の際、やじを飛ばしていた自民党県連会長の照屋守之県議に対し、自分に代わって話をするよう求めた。その後、自民側の抗議を受け、発言を取り下げ、陳謝した。

翁長知事

 翁長知事は質疑で、戦後の基地依存経済は「県民が自ら選んだものではない」と強調。那覇新都心地区など基地返還後の跡地の経済効果を挙げ、逆に基地がもたらすデメリットを説明していた。

 その中で、照屋氏が、日米安保体制を容認しながら名護市辺野古の新基地建設に反対する知事の政治姿勢にやじを飛ばしていた。知事は感情的になり、「沖縄がどうやって主張するかは、国政与党の自民党県連がもっとしっかりやっていただく方が力を発揮できると思う。照屋さん、こちらでしゃべってください」と手招きした。

 翁長知事は新里米吉議長に促され、「照屋会長にどうぞ発言してくださいと言ったのは私の立場で言えるものではなかった」と陳謝。「(座波氏が)現実と理想をうまくかみ合わせてやると言ったので、それができるのは国政与党という気持ちだった」と話した。