2017年(平成29年) 11月18日

沖縄タイムス+プラス ニュース

ハガティ駐日米大使、7日来県 翁長知事と会談へ

 米国のウィリアム・ハガティ新駐日大使が7日に来県し、翁長雄志知事と会談する方向で最終調整に入った。3日、複数の政府関係者が明らかにした。

ハガティ駐日米大使

 翁長氏は名護市辺野古の新基地建設計画に反対の考えを伝え、過重な負担となっている米軍基地問題の解決に理解を求める方針だ。

 県は日米地位協定の改定を求め9月に在日米国大使館を訪問した際、米側へ早期会談を求めていた。政府関係者によると、ハガティ氏も8月の着任後、早い段階で沖縄を訪れる意向を示していたという。

 ハガティ氏はトランプ大統領の指名を受け今年7月に米上院本会議で正式に承認された。新基地建設を巡り、県と安倍政権が対立している問題を「より良く理解することが私の目標だ」と語り、着任後、沖縄を訪問する意向を示していた。

 翁長氏が駐日大使と会談するのは、2015年6月のケネディ前大使以来。昨年12月に北部訓練場の返還式典への出席でケネディ氏が来県した際には、翁長氏がヘリパッド建設に抗議して欠席し、面談はなかった。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間

注目トピックス