終わってみれば王者の貫禄勝ちだった。江藤光喜は「気負いがあった」という1回、接近戦からの離れ際に挑戦者の左フックをもらい、ひやりとする場面もあったが、その後は冷静さを失わず、左ジャブで間合いをうまく取りながらアウトボクシングに徹し好機を待った。