【名護】名護市辺野古の新基地建設問題で9日午前、辺野古沖ではスパット台船3基の掘削棒が海中に下り、作業している様子が確認された。海底ボーリング調査を継続しているとみられる。

辺野古沖でフロートを挟み、海上保安庁のボートと向かい合って作業停止を訴えるカヌー隊と抗議船の市民ら=9日午前

 海上では、建設に反対する市民らの船3隻とカヌー20艇が抗議行動を展開。台船付近のフロートを挟み、海上保安庁のゴムボートとにらみ合いが続いている。

 米軍キャンプ・シュワブのゲート前では、午前10時半現在、市民ら約50人が抗議集会を開いている。