翁長雄志知事は9日、沖縄県庁で、大型MICE施設の建設地に決まったマリンタウン東浜地区が所在する与那原町の古堅國雄町長と西原町の上間明町長に決定通知文を手渡した。「東海岸地域サンライズ推進協議会」(会長・古堅町長)の与那原町、西原町、中城村、北中城村の4首長で訪問し、意気込みを語った。

大型MICE施設の建設地決定通知文を手渡した翁長雄志知事(右から3人目)ら=9日、沖縄県庁

 翁長知事は、隣接地や周辺地域の用途変更や土地利用計画の見直しで、ホテルや商業施設の用地確保が可能であることなどを掲げ、「近隣市町村を含めた東海岸地域の振興に寄与できる」と強調。「地元自治体と協力して関連施設の誘致に努めたい」と話した。

 古堅町長は「近隣の首長同士で、西高東低とやゆされる現状を放置しておくわけにはいかないと話していた。大型MICE施設の誘致を、サンライズ推進協議会で一致団結して全力で取り組みたい」と語った。上間町長は「待ちに待った決定通知。喜びに沸いた。地域発展の起爆剤として県と連携して対応したい」と期待を込めた。