沖縄以南の東シナ海周辺で米軍を迎撃するために策定された陸海軍の「天号作戦」の一つで、南西諸島や台湾での展開を想定したもの。航空機による米艦船への体当たりを主体とした航空・水上・水中特攻作戦で、1945年3月26日に開始した。この作戦に関連して4月6日、戦艦大和をはじめとした海軍の艦船が沖縄方面を目指して山口県沖を出航したが、7日、米軍の猛攻撃を受け、撃沈された。