政府と向き合う翁長雄志知事は決定的な亀裂を生まず、時には「日米安保体制を重視している」と歩み寄りも見せながら、一方で「辺野古新基地は造らせない」という意思を鮮明に示しているのが印象的だ。