2012年12月の政権交代を機に始まった株高で、県内金融機関の株式売買や投資信託販売が好調を続けている。株式売買の伸びで、おきなわ証券の売上高は3年連続で増加。14年度の売上高は、株価が低調だった11年度の1・8倍まで増えた。世界的な金融緩和もあり、株価は4月に15年ぶりの2万円台を回復。