9秒でまるわかり!

  • 沖縄県内で偽千円札が数十枚出回っており、県警が少年を逮捕した
  • 5月下旬から確認され、色と大きさが違い、透かしがないのが特徴
  • 本島中部のコンビニのほか、大手小売店にも被害が拡大している

 沖縄本島中部を中心に少なくとも沖縄県内6市町村のコンビニエンスストアなどで偽の千円札が使われ、沖縄県警が10日までに未成年の男1人を偽造通貨行使の疑いで逮捕していたことが、関係者への取材で分かった。偽造紙幣は5月下旬から相次いで発覚し、少なくとも数十枚は出回っているとみられる。県警は共犯者の有無も含めて慎重に捜査を進めるとともに、県民に注意喚起している。

沖縄本島中部で偽千円札 少年を容疑で逮捕

 使われた偽千円札は、正規の紙幣と色や大きさが異なり透かしが無いのが特徴だという。関係者によると、被害店舗のレシート記録などから時間帯を割り出し、複数店舗の防犯カメラに写った男の姿を確認した。

 被害関係者によると、偽千円札が確認されたのは5月下旬から6月初旬にかけて。嘉手納町や読谷村、沖縄市など本島中部のコンビニが主で、那覇、名護の両市内でも確認された。大手小売店でも使われるなど被害は広がっている。

 売上金を数えた従業員が気付いたり、銀行の機械を通す際にはじかれたことなどから発覚。ほとんどが1枚ずつ使われた可能性が高いという。被害関係各社は全店舗へメールや電話、担当者の直接派遣などで経緯を説明し、注意喚起した。

 被害店舗の男性は「売上金を確認したら、表面がツルツルで普通紙っぽい感じの紙幣があった。外枠も白っぽく違和感あった」。別の男性は「少し小さいがよくできている。従業員も気付かなかったし、知らないうちに人から人へ回っている可能性もある」と話した。