普天間飛行場の騒音について損害賠償の支払いを命じた那覇地裁沖縄支部の11日判決は、第1次普天間爆音訴訟に引き続き、あらためて司法が普天間飛行場の違法性を国に突き付けたといえる。原告は「普天間飛行場がある限り、訴訟を起こし続ける」とし、移設や返還などの抜本的解決がなされなければ、この状況は続く。