【沖縄】沖縄市池原の産業廃棄物最終処分場周辺の地下水から環境基準値を超えるヒ素が検出された問題で、県や処分場を運営する倉敷環境が11日、市登川の市農民研修センターで住民説明会を開いた。 県はヒ素汚染は「最終処分場が原因である可能性が極めて高い」との見解を示した。