【東京】独自技法の「サンゴ染め」や紅型を受け継ぐ首里琉染(那覇市、大城裕美社長)が本格的にバッグや財布などの小物類の新商品開発に乗り出している。従来、反物やのれんなどが中心だったが今後は商品アイテムを増やし、新たな顧客層を開拓、伝統技術の継承に取り組む。