沖縄UDS(那覇市、岡崎勝彦社長)と日建ハウジング(同市、新井正樹社長)は来年1月22日、沖縄県宮古島市平良下里に計100室の「HOTEL LOCUS(ホテル ローカス)」をオープンする。沖縄UDSは、全国7カ所で6ブランドのホテルを運営している小田急グループの「UDS」が昨年10月に設立した国内初の現地法人。県内では、9月から宮古島市内にある1部屋のみの「ヴィラ エリライ 宮古島」を運営している。HOTEL LOCUSは2カ所目となる。

宮古島市の平良港に面した「HOTEL LOCUS」の完成イメージ(沖縄UDS提供)

 HOTEL LOCUSは地上6階建て。敷地面積は1170平方メートル、延べ床面積は2665平方メートル。部屋は広さ13・1~36・5平方メートルの6タイプで、1部屋当たりの料金(2人利用時)は税別9260円から。ホテルを拠点に島内のあちこちに出掛け、スポーツやマリンアクティビティ、食など地元の魅力を楽しんでもらえるよう、ホテルオリジナルのオプショナルツアーを検討している。

 沖縄UDSと日建ハウジングは来年12月にも、同市城辺に全41室のコテージ「東海岸リゾート(仮)」の開業を目指している。