【東京】山崎拓元自民党副総裁は12日、都内の日本記者クラブで開いた安全保障関連法案に反対する緊急会見で「安保法制の有無にかかわらず、沖縄の米軍基地は(敵国などの)攻撃対象になる」との認識を示した。

 山崎氏は防衛庁長官を歴任した経験などから「米軍基地はわが国の抑止力として必要」としながら、基地が敵国などの攻撃対象となる危険性を併せ持つことを指摘した。