2017年(平成29年) 12月16日

タイムス×クロス 平安名純代の想い風

差別主義者を選ぶな 分断深まるアメリカから沖縄へ[平安名純代の想い風]

 トランプ米大統領は9月22日、南部アラバマ州で開いた集会で白人支持者を前に、暴力的な侮蔑語を使ってコリン・キャパニックを非難した。

 キャパニックは米NFLの元スター選手。警官が丸腰で無抵抗の黒人を射殺しても罪に問われない事件が多発するのは許容できないと、昨年8月、試合前の国歌斉唱を拒否して片膝をつく抗議行動を始めた。

 スター選手の無言の抗議は話題を集めたが、白人の多くはキャパニックの訴えには耳を傾けず、国や国旗を侮辱する行為だと非難した。

 非難はキャパニックの事実上の引退で幕引きとなっていたが、トランプ氏の発言で再燃。CBSが発表した世論調査によると、国歌演奏中の抗議行動に賛成と答えたのは38%で、反対は52%と過半数を占めた。

 抑圧する側が抑圧される側の「痛み」を理解せず、権力への抗議という行為すら奪おうとする構図は今も昔も変わらない。

 警察の虐待行為にも言及し、「私には夢がある」とキング牧師が演説したワシントン大行進の翌年の世論調査では、73%が黒人は大規模抗議をやめるべきだと回答。ベトナム戦争に反対し徴兵を拒否したモハメド・アリは、ボクサーとしての全盛期に選手生命を奪われただけでなく、その後も「兵役を受け入れろ」と圧力を加えられ続けた。

 米国憲法で定められた法の下の平等な権利が現実と共存しないのは、人種差別はいけないという基本理念が軽視されているからに他ならない。人種差別を公言するトランプ大統領が誕生したのも、共和党が理念よりも選挙に勝つ選択をし、多くの米国民が支持したからだ。

 人種差別の容認は、一部の人種に利益を、一部の人種に不利益をもたらす不平等な制度を生み出す。日本本土が基地のない暮らしを享受する傍らで、基地が集中する沖縄が犠牲を強いられ続けているのも、沖縄に対する差別が根底にある。

 差別をする人間が政治家になるのを許してはならないと、分断の深まるアメリカから沖縄に想いをはせてみると、政界再編で沖縄への差別で知られる政治家の顔がずらりと並ぶ。日本という国は一体どこへ向かっているのだろう。(米国特約記者・平安名純代)

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

タイムス×クロス 平安名純代の想い風のバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間