【内間ゆかり通信員】欧州最大の日本デーが5月30日、ドイツ・デュッセルドルフで開催された。雨が降ったりやんだりの悪天候にもかかわらず、午後5時以降は快晴となり、ドイツをはじめ、近隣国のオランダ、ベルギーからの来場者は65万人を記録。このビッグイベントのハイライト出演者として、沖縄の芸能事務所アジマァ所属のアーティスト「ティンクティンク&我那覇せいら」が初の海外公演をした。

新しいポップ感覚の沖縄の歌と音楽などで盛り上がった舞台=ドイツ・デュッセルドルフ

 「ティンクティンク&我那覇せいら」は、3泊4日の短い滞在期間中、精力的に活動し、日本デー前夜の5月29日、国際交流基金ケルン日本文化会館で公演(集客200人)。これを皮切りに、翌日の日本デー舞台に臨んだ。

 メーン舞台前の10万人強の観客は、紅型衣装でステージに登場した沖縄を代表する若手アーティスト、我那覇せいら(三線・ボーカル)、宇座歩(三線・三板・ボーカル)と宇座千夏(太鼓・ボーカル)の「谷茶前」「てぃんさぐぬ花」「安里屋ユンタ」などの沖縄民謡と、「ヒスヒスカルカル」など伝統芸能を踏まえた新しいポップ感覚の沖縄の歌と音楽、沖縄伝統芸能の華、琉球舞踊を取り入れた美しい所作に魅了されていた。

 3人は曲の合間に、英語と日本語を駆使し、ドイツ語も少し加え「ドイツの夏は沖縄の真冬並み。あまりの寒さに急きょH&Mで耐熱保存のシャツを購入し本日のステージに備えた」「5月に沖縄で開催されるハーリーのボートの乗員数は何人か」「三板と四つ竹の違いは何か」などとユーモアあふれるトークを交えた。

 また、「安里屋ユンタ」の演奏の際には、ステージと観客が合体する形で「ハイヤ、スース」とはやしの掛け声を、「唐船どーい」ではカチャーシーを観客と一緒に踊る場面もあり、沖縄の文化、音楽を紹介し沖縄観光PRにも貢献した。

■沖縄観光パンフも人気

 日本デーは1日のみのイベントだが、毎回、日本観光ブースや日本文化紹介テント、日本食の数百のテント、日本の武道、スポーツ、ポップ・カルチャーの舞台が設置され、10万人以上のコスプレ、漫画ファンを含め60万人以上の来場者が訪れる。

 2013年以来、沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)の協力を得て、デュッセルドルフ日本領事館、日本の国際観光振興機構(JNTO)の観光ブースには、ドイツ語の沖縄観光情報パンフレット、ポスターを提供している。

 領事館に勤務している久米島出身の上江洲佑さんは「本年度は千部を取り寄せたが、ドイツ語で沖縄の観光情報がしっかり作成されているパンフレットなので4時間内に全てなくなるほどの人気ぶりだった」という。