高齢者や子ども、障害者らが一つ屋根の下でともに過ごし、交流する施設が注目されている。福祉や保育の垣根を越え、さまざまな活動を通じ「社会的な弱者」から互いに「必要とされる存在」に。地域に根差した新たな共生の形として、国も普及を後押ししている。