沖縄県議会の議会改革推進会議(玉城義和委員長)は15日、県議会議員選挙の選挙区見直し最終案を決定した。16日に開会する6月定例会の最終本会議で議員定数条例の改正案を提案し、可決される見通し。来年6月ごろに予定される県議選から新しい区割りで実施される。

沖縄県議会

 見直し最終案は①島尻郡区の7離島町村を那覇市区に合区する「那覇市・南部離島選挙区」とし、定数は現行の那覇と同様の11人②島尻郡区の与那原・南風原・八重瀬の3町と南城市を合区する「島尻・南城市選挙区」とし定数は4人―の2点。