辺野古新基地建設に反対する県議会与党が制定を目指す県外の土砂搬入制限条例案をめぐり、議会内では16日開会の6月定例会を前に早くも心理戦が始まっている。15日の議会運営委員会で野党の自民が慎重審議を理由に特別委員会の設置を求めたのに対し、審議引き延ばしを警戒する与党が設置を困難視。