県警は16日、自転車の適正利用を呼び掛ける県内一斉の指導取り締まりを実施した。児童・生徒の通学路の安全確保などが目的で、朝の通勤時間帯に合わせ、警察官が自転車利用者を重点的に指導した。

市民に自転車の適正利用を呼び掛ける警察官=16日午前7時58分、那覇市・県庁前交差点

 付近に開南小学校などがある那覇市の県庁前交差点では、午前7時半から警察官が自転車利用者に安全運転を呼び掛けるチラシを配布した。1日から施行された改正道路交通法で、自転車で危険行為を繰り返した場合、運転者に安全運転講習の受講を義務付ける制度が始まっている。