【東京】中谷元・防衛相は16日午前の閣議後会見で、米軍キャンプ・シュワブ内の海辺で見つかった石が文化財「碇石(いかりいし)」である可能性が高く、名護市教育委員会が調査を検討していることについて、「キャンプ・シュワブ内の埋蔵文化財の取り扱いは関係法令に従い適切に対処していく」と述べ、仮に文化財認定された場合は、調査を含めて協力する姿勢を示した。

 一方、調査で工事に遅れが生じる可能性については「文化財認定は県や市教委による調査結果を待つ必要があるため、予断を持って答えることは差し控える」と述べるにとどめた。

 市教委は県教委が鑑査で碇石と認定した場合、文化財保護法に基づき一帯で試掘調査を米軍に求める方針を示している。