【浦添】キャンプ・キンザー沖の西海岸埋め立て計画の見直しについて、浦添市は16日、市民や有識者で作った浦添市素案にこだわらず、埋め立てを共同で進める那覇港管理組合と折り合いを付けた折衷案を年内に提案する考えを示した。浦添市議会で、又吉健太郎市議の質問に宇根弘西海岸開発局長が答えた。

西海岸埋め立て 現行計画と浦添市案

 今後、浦添市側が求めるビーチを西向きにした形と、管理組合側が要望する物流関連用地(第3ステージ)を両立する折衷案を模索することになる。

 西海岸では、浦添市側が国際リゾートとして開発する考えを持ち、那覇港管理組合側は物流関連用地を併設する考えだ。

 一方、埋め立てのための環境影響評価(アセスメント)は現在、那覇港湾施設(那覇軍港)の移設位置をめぐり調整が必要となったことを受けて中止している。浦添市は折衷案の協議を踏まえた上で来夏にも再開したいと説明した。