沖縄ファミリーマート(野﨑真人社長)は10日から、沖縄県内7大学の学生を対象にした実践型インターンシップ「学P沖縄リーグ2017」で開発した7商品を、県内のファミマ全320店で発売した。23日まで。

県内7大学の学生が開発した学P沖縄リーグの商品(沖縄ファミリーマート提供)

 今年で11回目となる学Pのテーマは「沖縄元気生活応援団」。7月から約3カ月かけ、商品開発から販売促進まで企業マーケティング活動に取り組んだ。

 各大学の学生が開発した商品は次の通り。

 オムカレーおむすび(沖縄女子短大)▽牛と豚と鶏プル丼(沖縄大)▽トリくら弁当(名桜大)▽エッグベニディク丼(琉球大)▽シーサンクリームのもっちりパン(県立芸術大)▽もっちり!ざっくり!きなこdeしゅー(沖縄キリスト教学院大)▽クレープでつつむ紅いもパイフィーユ~ザクッと食感!!~(沖縄国際大)