沖縄地方は10日、高気圧に覆われておおむね晴れ、宮古島市の下地島空港では午後12時31分に33.6度を観測するなど、計4地点で10月の観測史上最高気温を記録した。

波打ち際で、砂遊びをする子どもたち=10日午後、豊見城市の瀬長島(下地広也撮影)

 10月の観測史上最高気温を記録した地点は、渡嘉敷で30.1度、多良間村の仲筋で32.8度、与那国町の所野で33.2度。そのほか県内各地で30度を超える真夏日を記録した。