沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)の第2回臨時理事会が17日、那覇市の県市町村自治会館で開かれ、理事でかりゆし前CEOの平良朝敬氏(60)が会長に選出され、就任した。専務理事にはOCVB参与の嘉手苅孝夫氏(55)、常務理事には前琉薬執行役員業務システム部長の譜久山健氏(50)が就任した。

 理事会は理事27人のうち11人が欠席したが、過半数が出席したため成立し、役員選出は全会一致で決定した。

 会長に就任した平良氏は「沖縄を訪れる人々に感動を与えたい。そのためには県民が主役のおもてなし精神をさらに広めていきたい」と意気込んだ。

 専務理事の嘉手苅氏は「気持ちを新たに観光振興のために全力を尽くしたい」、常務理事の譜久山氏は「皆さまのご指導をあおぎたい」と語った。