【与那原】与那原町商工会青年部(米須清貴会長)は11日、第33回与那原大綱曳まつり(8月15、16日)に向けた事業進発式を行った。商工会をはじめ大綱曳の関係者ら約70人が参加し、イベントの成功を願った。

ことしのTシャツを手にする米須清貴青年部長(左から2人目)、池宮城尚委員長(左)ら=11日、与那原町社会福祉センター

 同青年部は大綱曳をデザインした「綱武士」Tシャツを制作・販売してまつりをPRするほか、各種資金造成などを行っている。米須部長は「開催までの期間、各種協力事業に取り組んでいきたい」と決意表明した。

 ことしのTシャツは大綱や旗頭、町特産の赤瓦がデザインされ、青年部が作成した黒(税込み1千円)と女性部の黄色(同1300円)の2種類を準備した。昨年は過去最高の6185枚を売り上げており、担当する青年部資質向上委員会の池宮城尚さん(30)は「いいデザインに仕上がった。昨年以上の枚数を目標にしたい」と張り切っている。与那原町商工会などで販売。問い合わせは町商工会、電話098(945)3513。