【石垣】赤土流出防止の研究に取り組む八重山農林高校の環境工学部が、第17回日本水大賞(主催・同委員会、国土交通省)の農林水産大臣賞を受賞した。同部は昨年から環境系の全国大会で4回受賞。さらに民間団体や企業、行政も応募する日本水大賞を「総決算」として臨み、応募総数133件から大賞に次ぐ大臣賞に輝いた。