翁長雄志知事は18日午前、県庁で臨時会見を開き、新基地建設の進む名護市辺野古沿岸部の臨時制限区域への立ち入り調査を米軍に求めているにもかかわらず、許可されないことに「理不尽な取り扱いは誰の目でも明らか」と批判した。

臨時制限区域内への立ち入り許可申請で会見を開いた翁長雄志知事=18日午前11時すぎ、沖縄県庁

 沖縄防衛局は同区域内で調査を実施しており、県は防衛局に対し、米軍に提出した申請書類のコピーを県に提供するよう求めた。県と防衛局の申請内容の違いなどを比べる。

 県は、防衛局が許可区域外でサンゴ礁を破壊した可能性が高いとして2月18日に立ち入り調査を通知。管理する米軍に申請したが、4カ月たっても許可されていない。翁長氏は事業者の防衛局や米軍との窓口になる外務省に対し、「誠意がまったく見えない」と不快感を示した。

 また、翁長氏は、防衛局が現在、海底ボーリング調査の安全確保を目的に設置しているフロートやブイを調査終了後に撤去するよう、あらためて求めた。

 翁長氏は、撤去されない場合、文書による指導など「しかるべき措置を講じる」と語った。