【宮古島】地元消費で地域の経済活性化を図ろうと、宮古島商工会議所は7月7日から「美ぎ島(かぎすま)宮古島プレミアム商品券」の販売を始める。商品券は4種類あり、販売価格より3~4割多い金額分の買い物ができる。利用期間は12月31日まで。地方創生に向けた国の交付金を活用。発行総額は約3億7千万円で、売り切れ次第販売は終了する。

商品券の販売を発表する宮古島商工会議所の下地義治会頭(中央)ら=同商工会議所

 マンゴーや車エビ、宮古上布など市の特産物の消費、サトウキビ由来のバイオエタノールを混合したガソリン「E3」の普及、未成年者が3人以上いる世帯の支援も目的に、「普通商品券」も含めて4種の商品券を発行する。

 販売価格が5千円の(1)普通プレミアム(500円券の13枚、6500円分)(2)E3プレミアム(500円券の14枚、7千円分)(3)多子世帯プレミアム(同)と、販売価格1万円の指定特産品プレミアム(千円券の14枚、1万4千円分)でそれぞれ3~4割分が「お得」となる。

 販売期間は旧5市町村ごとに設定されており、各庁舎で特設窓口を設置する。購入は4種それぞれ1人3万円まで。11日に会見した同商工会議所の下地義治会頭は「市民の個人消費を促し地域経済の活性化を図りたい」と述べた。