沖縄県酪農青年・女性部連絡協議会の新里菊也会長らは18日、県庁に浦崎唯昭副知事を訪ね、県産牛乳の消費拡大を目的に「父」と「牛乳」をかけたキャンペーン「父の日には牛乳(ちち)を贈ろう!」をPRした。

牛乳で乾杯した浦崎唯昭副知事(前列左から4人目)と新里菊也会長(同3人目)ら=18日、沖縄県庁

 父の日の21日は午前9時から午後2時まで、イオン南風原ショッピングセンターで搾乳体験や牛乳の無料試飲などを予定している。

 浦崎副知事らとワイングラスに注がれた牛乳で乾杯した新里会長は「沖縄は1人当たりの年間の牛乳消費量が全国一低い」と説明。「糖尿病やストレス抑制に効果がある牛乳を、お父さんたちに飲んでほしい」とあいさつした。

 浦崎副知事は「牛乳は県民の健康維持・増進に欠かせない。県も酪農振興に力を注ぎたい」と述べた。