普天間の190センチ、88キロの高校生離れした「規格外」エース、普天間の與那原大剛が最後の夏に挑む。チームは秋、春の県大会では結果を残せなかったが、4月の中部地区大会を制覇。全4試合でわずか1失点と完璧な投球をみせた大型右腕は「不安は一切ない。早く試合がしたい」と闘志を燃やす。