【南風原】南風原町議会(宮城清政議長)は定例会最終日の19日午前、国会で審議中の「安全保障関連法案」の廃案を求める意見書を賛成多数で可決した。県内議会では初めて。

 意見書は「日本に対する武力攻撃がなくても、政府が『存立危機事態』と判断すれば、武力行使ができる。交戦権を否認する日本国憲法のもとで、法制の改変は憲法違反であり、許されない」としている。